ページの本文へ

Hitachi

Hitachi Theater

2007年、営業車としては世界で初めて、運行を開始したハイブリッド車両「こうみ」。蓄電池の充電電力と、ディーゼルエンジンで発電した電力とを効率的に組み合わせながら走行し、環境負荷の大幅な低減を実現しています。[2009年3月制作]

メイキング

「こうみ」は蓄電池にためた電力と、ディーゼルエンジンで発電した電力、そしてブレーキをかける時に発生するエネルギーをモーターで変換して得た電力、これらを効率よく制御して運行しています。

写真は「こうみ」の車内に設置してあるモニターで、「こうみ」がどのようにエネルギーを制御して列車を走らせているか、そのエネルギーの流れを画面上で見ることができます。

乗車した際はぜひご覧下さい。

  • 事業・製品
  • 研究開発・技術
  • 環境・CSR
  • 歴史・文化
  • PR活動
  • バックナンバー
  • 動画一覧(サイトマップ)
  • お問い合わせ/ご感想