ページの本文へ

Hitachi

Hitachi Theater

ALS患者さん用の意思伝達装置「伝の心」を完成させたプロジェクトチームは新たな課題に直面しました。それは「完全閉じ込め症候群」と言われる重度コミュニケーション障害者用の装置の開発。技術者たちの開発の裏側に追ったドキュメンタリーの後編です。[2008年9月制作]

*『映文連アワード2009優秀作品賞(準グランプリ)』受賞作品

メイキング

今回の映像を制作するにあたり、日本ALS協会様にご協力、監修をお願いしました。

日本ALS協会は1986年(昭和61年)に、ALSと闘う患者さんとそのご家族を中心に、
遺族・専門医・医療関係者や一般有志が集まり設立された、患者さんとそのご家族を支援し
療養生活の向上と治療法の確立などを目的とした組織です。

日本ALS協会を中心とした、患者さんやご家族、医療関係者の方々のネットワークでALSという病気に立ち向かっているのです。

  • 事業・製品
  • 研究開発・技術
  • 環境・CSR
  • 歴史・文化
  • PR活動
  • バックナンバー
  • 動画一覧(サイトマップ)
  • お問い合わせ/ご感想