ページの本文へ

Hitachi

Hitachi Theater

かつて日本の鉄は「たたら吹き」という製法で作られていました。「たたら」とは炉の中に砂鉄と木炭を投入し、風を送って燃焼させ、鉄を作りあげる製鉄技術。日立グループはこの「たたら吹き」の操業に技術支援を行い、日本の伝統技術の継承を支援しています。[2008年3月制作]

メイキング

かつて木原村下が養成員として先代の安部由蔵村下に師事したように、現在、約10人ほどの養成員が村下の下で学んでいます。

年齢は20代から60代まで、職業も会社員や刀匠など様々経歴の養成員たちが将来の村下を目指し3昼夜、ほぼ不眠不休で村下をサポートし「たたら操業」を支えています。

  • 事業・製品
  • 研究開発・技術
  • 環境・CSR
  • 歴史・文化
  • PR活動
  • バックナンバー
  • 動画一覧(サイトマップ)
  • お問い合わせ/ご感想