ページの本文へ

Hitachi

Hitachi Theater

「パンポン」は日立製作所発祥のスポーツで木製の「ラケット」と「ネット」で行う、テニスと卓球に似た球技。誕生したのは大正時代。工場や研究所では制服や作業着姿でボールを追いかける社員の姿が、お昼のおなじみの光景となっています。[2007年4月制作]

メイキング

パンポンで使うラケットは長さ約30センチ、幅20センチ、厚さ1センチほどの大きさです。握りやすいように、手元に板が貼り付けられています。基本的にラケットはすべて手作り。使いやすいように工夫され、さまざまな形のラケットがあります。日立事業所のパンポン同好会のメンバーは、先輩達から譲り受けた何十年も使い込んだ、ラケットを使って練習に励んでいました。

  • 事業・製品
  • 研究開発・技術
  • 環境・CSR
  • 歴史・文化
  • PR活動
  • バックナンバー
  • 動画一覧(サイトマップ)
  • お問い合わせ/ご感想